×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



中古バイクとリサイクル法

みなさんは、中古バイクの廃車をする時に必要になってくるリサイクル代金を知っていますか?2006年から、中古自動車や中古バイクのリサイクル法が施行されました。適正な解体の処分が義務付けられました。

そして、料金は高いですが、中古自動車や中古バイクの廃車のためのリサイクルにかかるための代金がかかるようになりました。自動車のリサイクル法とは、簡単にいいますと、まずは、循環型の社会の形成を目指しています。

車の生産メーカーや輸入をする業者や、それに関わっている全ての業者や、車を購入した車の所有者のそれぞれの役割がちゃんと定められています。その定められた結果、自動車の再利用を促進させようという法律のことです。

これが、実現すれば、廃車になる自動車も減りますから、地球環境にもとっても優しいですね。どうにか、産業に関わるゴミの量も減らそうという狙いが、この法律の中にも含まれています。ですが、リサイクルするためには、高い値段のリサイクル代金がかかってしまいます。

そして、その代金を一時的に遅らせる方法があります。その自動車リサイクル代金を遅らせる方法というモノは、廃車手続きを行う時に、一時抹消です。自動車リサイクルの代金が発生してしまうのは、あるパターンがあります。

そのパターンとは、新車を購入した時や、車検を行う時や、永久抹消の3個のパターンの場合です。ですから、一時抹消の時に、リサイクル料金は発生しないのです。こういったコトを利用して、リサイクル料金を支払いを逃れようとする人たちも多いのです。



Copyright (C) 中古バイクの購入から廃車まで. All Rights Reserved.